早稲フィル・ゴールデン・ブラスについて

2009年に創立30周年を迎えた学生オーケストラ、「早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団」に所属したメンバーの中から、社会人のアマチュアプレイヤー有志が中心になり、2011年に結成。フランスで研鑽を積まれた金管トレーナー、東貴樹先生の下、世代を超えて志の高いメンバーが集まった。

小編成から20人に及ぶ大編成の金管合奏まで挑戦し、いずれもブラス・アンサンブルの名曲を取り上げることをテーマにしている。 輝かしい響きでホールを満たし、革新的な音楽で感動を伝える…そんな演奏を目標に、活動を続けている。


主宰・東貴樹

1955年北海道生まれ。

高校時よりバストロンボーンを始める。1979年に渡仏。1981年フランス国立ブローニュ音楽院トロンボーン科首席卒業。1985年フランス国立パリ高等音楽院バストロンボーン科首席卒業。

卒業後、パリ音楽院管弦楽団首席バストロンボーン奏者、ルクセンブルグ放送交響楽団準団員などを務める。

またトロンボーン四重奏団「ダニエル・シュピール」を結成し、1985年UFAM国際コンクールにて第1位を獲得した。

R.カタルザンスキー、C.シュヴァリエ、伊藤清(N響団友)、村上準一郎(シャープル&フラッツ)各氏に師事。

現在NHK交響楽団団友オーケストラなどで活躍する一方、大学オーケストラ、吹奏楽などアマチュアのトレーナーとしても活躍している。日本トロンボーン協会会員。